留学なしで英会話をマスターしよう!独学だけでマスターする勉強法大公開

留学なしで英会話をマスターしよう!独学だけでマスターする勉強法大公開

 

 

留学なしで英会話をマスターしよう!独学だけでマスターする勉強法大公開

 

 

現在、子供から大人まで語学留学をする方が増えています。社会人も、会社を数か月休んでフィリピンに留学したり、親子で短期留学に行く方も増えています。それほど、英会話を話せるようになりたい、また必要としている方が大勢います。しかし、留学をする時間もお金もないという方は独学で英会話を学ぶしか方法がありません。日本にいるとなかなか、英会話を話すこともなければ、英語に触れる機会をもつというのも難しいです。
そこで、今回は、日本にいて独学で英会話を最短でマスターできる勉強法を紹介したいと思います。

 

英会話学習は、現在沢山の教材が開発され、使い手が好みやスキルに合わせて選んでいけます。勉強に無駄というものはありません。しかし、期間をできるだけ短く上達させたいということを考えると、効率の良い方法や組み合わせなどがあります。では、一体どんな勉強方法が最短で上達できる勉強法でしょうか?

 

 

1.単語・文法をとにかく覚える
まず基本となる単語・文法は頭にしっかり入れましょう。とても地味な作業ですが、これは英会話の基本です。特に文法を理解していないと英会話は上達が見込めません。中学生英語レベルでも構いません。お気に入りの参考書を見つけて一冊を丁寧にやっていきましょう。
また、単語を覚える場合は綴りを目で覚えるだけでなく、耳からも単語を覚えましょう。単語辞書などを買う場合は、CDの付いたものを選ぶのがおすすめです。最近は、電子辞書などは読み上げ機能があるためぜひ利用しましょう。

 

 

 

 

2.日常会話で使えるフレーズを丸暗記する
英会話は、日常会話などは使う単語やフレーズが決まっています。例えば「HOW ARE YOU?(元気ですか?)」などの文章を丸々暗記してしまいましょう。普段の生活に置き換えてしまえば家での会話・買い物での会話・電話での会話・タクシーでの会話など場所やシチュエーションに合わせた会話というのが多くあります。また、ネイティブが使う日常フレーズが書かれた本はいくつも出版されています。こちらもCDを利用して、目からと耳から両方で覚えましょう。また、自己紹介などもよく使う会話です。実際に、自分の経歴などを入れて文章をつくり、覚えてしまうと良いでしょう。
覚えたフレーズはもちろん、何度も何度も声に出して練習します。相手を想定して練習するとよりイメージが掴めるため、習得が早くなります。

 

 

 

 

3.会話練習をしていく
1と2は英会話を勉強するための準備と考えてください。ここからが英会話の練習になります。
現在、数千円でオンライン英会話を月額で受けることが可能です。会社によっては1レッスン130円〜150円程度です。コーヒー1杯分のレッスン料のため、利用しないのはもったいないです。オンライン英会話でコンスタントに英会話をしていくのが一番最短でしゃべれるようになる独学法でしょう。
オンライン英会話で先生と会話をする際は、できるだけ発音の注意をしてもらうようにしましょう。レッスンは1対1です。そのため、間違えることを恐れずに受講していきましょう。英会話は、間違えたほうが覚えることができます。また、覚えた英会話フレーズを使うことで、頭で覚えた内容がしっかり消化できえるようになります。
オンライン英会話は、受講の際に必ず録音をして、復習しましょう。この際、どんなことができなかったか、なぜできなかったかを分析することでスキルアップに繋がります。

 

4.テレビや映画からネイティブの英会話を勉強する
オンライン英会話のレッスンは、会話をする練習です。丁寧な基礎的な英語はオンライン英会話のレッスンで学ぶことが可能です。しかし、ネイティブが話す英会話は違います。そこで、さらにスキルを上げるためには、海外の映画やテレビを見て学んでいきましょう。映画やドラマはDVDを借りてくることをお勧めします。なぜならDVDだと字幕や吹き替えで見ることが可能だからです。内容を理解しながら英語字幕や日本語字幕を利用して、リスニング・リーディングで学習しましょう。また、シャドーイングの練習も合わせてすることで、リズミカルな英会話を学習できます。

 

 

 

 

 

最短で英会話を学ぶ方法は、実は日本でも手軽に独学することができます。あとは、繰り返し学習していくことです。繰り返し話すことで語学力は学べます。また、オンライン英会話を上手に使っていくことがポイントになるでしょう。ぜひ、バランスよく学習して、効率よく勉強していきましょう。

 

 

 

独学の強い味方!オンライン学習なら”スタディサプリイングリッシュ”