留学しないで英会話が1年でマスターできる?!独学で語学力を手に入れるコツ知ってますか?

留学しないで英会話が1年でマスターできる?!独学で語学力を手に入れるコツ知ってますか?

 

 

留学しないで英会話が1年でマスターできる?!独学で語学力を手に入れるコツ知ってますか?

 

 

英会話は、社会人にもなると会社では出来て当然のスキルになっています。もちろん、職種や会社により違いはありますが、一般的には外国の企業やカスタマーにも対応できるように、日々、スキルアップを考え勉強している方は大勢います。会社が、英会話教室に通うことを推奨しているケースもあります。また、会社と英会話教室が提携していることもあります。

 

 

しかし、私たちは子供のころから学校の授業で英語を勉強し、受験勉強でも必死に単語を覚え、中学から大学まで勉強をした人では約10年も英語を学習したことになります。しかし、なぜ日本人はここまで英会話が苦手なのでしょうか?今回は、英会話を独学で1年でマスターすることができるのか紹介したいと思います。

 

 

私たち日本人は、アルファベットを使わない人種です。そのため、ドイツやイタリアなどのアルファベットを使う国の人に比べて英会話習得には時間がかかります。まず、英会話を習得するのに、日本人は約2200時間必要と言われています。語学学校などに通った場合は約88週間の勉強が必要と言われています。これでは、英会話を1年でマスターするのは不可能ではないか?と思った方もいるでしょう。

 

 

しかし、実際には英会話を1年でマスターすることは可能です。この2200時間というのは、ネイティブと一緒に肩を並べて、言語の壁を感じることなく社会で働くことができるレベルです。専門用語やプレゼンテーション、ビジネスメールなどに瞬時に対応できるスキルです。つまりTOEICなどの試験であれば900点台を目指すことです。

 

 

ところが、普段生活をしていく上では英語というのは、決められた言葉しか使うことはありません。外国の友人や恋人と付き合っていくことや海外で生活する上では困らないレベルには1年でマスターすることは可能です。では、何をしていけば良いのでしょうか?

 

 

先ほども話を少ししましたが、結局英会話を1年でマスターするのであれば、時間をかけることが必要になります。これは、独学だからこそできる学習方法です。いくら、学校に通って優秀な先生のもとで勉強をしても身につかないのは、圧倒的に勉強時間が少ないからです。約1000時間以上を目標に1年間勉強することをおすすめします。

 

 

では、英会話を流暢に話せるようにするには、何が必要なのでしょうか?

 

 

「一つでも多くの単語を覚える」

 

「基本的な文法を理解する」

 

「シチュエーションに合わせたフレーズを覚える」

 

「アウトプットをとにかく多く練習する」

 

 

この四つが重要になります。

 

 

単語は、生活をする上で使う物から覚えて行きましょう。目安はTOEIC500〜600点レベルのボキャブラリーが良いでしょう。

 

 

また、日常会話でよく使うフレーズというものがあります。これは、シチュエーションごとにまるまる覚えてしまうのが良いです。いくつも言い回しを換える練習をするよりも、シチュエーションごとに話せることを増やしていくほうが優先です。できるだけ、多くのシチュエーションで、考えを言えるようにするのが大事です。

 

 

文法は最低限の中学生英語レベルの理解で構いません。より複雑にニュアンスを伝えたいという場合は中級レベルや大学受験レベルの英文法までしっかり理解しておけば問題ありません。

 

 

あとは、アウトプットをとにかくして練習量を増やすことです。この時に、友達などと一緒にリーディングの練習や発音の練習をするよりも、オンライン英会話を利用して話す時間を増やすのがポイントです。

 

 

独学で勉強をすると、自分の意見を発信する練習が怠りがちです。しかし、オンライン英会話を使った独学をすれば、低予算で話す時間を手に入れることができます。発音などの矯正をしたい方は先生に授業前にリクエストするとより濃い内容のレッスンが行うことができるでしょう。

 

 

独学で英会話をマスターするのは、とてもハードな挑戦です。しかし、英会話は慣れから来るものも多くあります。机での勉強と実際に話す語学力は大きく違ってきます。ぜひ、1分でも多く英会話を練習して、流暢な英会話ができるようになりましょう。

 

 

 

英会話独学者の味方、安い学習方法紹介します