海外ドラマを使った独学は、生きた英会話を身につけられる!

海外ドラマを使った独学は、生きた英会話を身につけられる!

 

 

 

 

 

日本でも、海外ドラマは大変人気があります。近年、テレビ番組でも多くの作品を観ることができるようになりました。海外とほぼ同時期に放送される作品も増えています。英会話学習を考えると海外ドラマは、大変良い教材と言えます。教科書を使った英会話は、丁寧で初心者に覚えてほしい美しい英語を学習することができます。しかし、場合によってはネイティブスピーカーから見ると不自然だったり、丁寧すぎる表現もあります。しかし、海外ドラマのセリフは生きた英語を学習することができます。そこで、今回は海外ドラマを教材に使った独学方法を紹介します。

 

 

海外ドラマを利用して、英会話学習をする方は多くいます。英会話教室などでも、海外ドラマの視聴をを推奨する先生もいます。しかし、逆に海外ドラマは大好きなのに、全く英会話の進歩が見えないという方もいます。一体何が間違っているのでしょうか?

 

 

海外ドラマで独学をする際に、気を付けたいポイントがあります。
それは、レベルにあった作品選びをすることです。

 

 

海外ドラマは、好きな作品を選ぶことでモチベーションが上がり、継続しやすい独学方法です。しかし、結果が出ず、焦ってしまう方もいます。それは、あまりにもご自身の語学力とかけ離れた作品選びをしてしまうこと、そして理解できないものが多すぎて単語やフレーズを分析することができないからです。

 

 

そのため、初心者の海外ドラマ学習は、あまりお勧めしません。まずは、基礎的な中学生レベルまたはそれ以上の基礎知識を持った上で教材選びをしていきましょう。

 

では、実際に海外ドラマを利用した独学方法をお話しします。

 

 

まず海外ドラマ学習をする上で、視聴するシーンは30秒から1分程度の短いシーンを選びましょう。オープニングなどでも構いません。DVDなどであれば1分ほど見たら一時停止をしましょう。短いシーンの中にもいくつも文章が出てくると思います。まずは、字幕なしで何度も繰り返し聞いてみましょう。そこで、理解できるもの、理解できないものを確認します。

 

 

次に、ディクテーションをしていきます。書き出すことで、より理解がはっきりしてきます。何回かディクテーションを繰り返して書き出せる文章、聞き取れない部分、分からない単語が出てくると思います。そこで、字幕をつけて内容を確認します。

 

 

ドラマの内容がわかったところで、分からない内容は調べましょう。単語、グラマー全体を確認します。確認が出来たところで、再度字幕なしでドラマを視聴します。最初とは違い、内容の理解が深まっていきます。

 

 

次に、書き出したディクテーションを読み上げます。最初は、ゆっくり読み、慣れてきたらどんどん早くしていきます。最終的には、ドラマを見ながらシャドーイングをして、キャラクターと同じ速さで読めるようにしていきましょう。

 

 

海外ドラマを教材に独学をすると、リスニング力も、スピーキング力も身に着けることができます。また、分からない単語や文法を調べることで、グラマーの勉強にも繋がります。ただぼんやりテレビを観ている時間があったら、ぜひ英会話の独学の時間にしてみてはどうでしょうか?ぜひ生きた英会話を身につけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話の独学ならYouTubeが今アツい!厳選動画まとめ